婦人

グラノーラは手軽に食べられる便利な食品|朝食のススメ

栄養バランスのとれた軽食

牛乳とグラノーラ

穀物とナッツ類と果物類

グラノーラは、シリアルと呼ばれている軽食のひとつです。一般的にシリアルは、とうもろこしが主原料とされていますが、グラノーラはオーツ麦が主原料として使われています。具体的には、オーツ麦をローラーで潰し、シロップをからめて焼いてあるのです。また、アーモンドやココナッツといったナッツ類を砕いたものも、混ぜてあります。ドライベリーやレーズンなどのドライフルーツを刻んで加えてあるものもあります。つまりグラノーラには、主食となる穀物に加え、脂質を摂取できるナッツ類、ビタミンとミネラルとを摂取できる果物類も含まれているわけです。そのため非常に栄養バランスのとれた軽食となっています。軽食は、調理の手間をあまりかけずに手軽に食べることができる点が魅力ですが、それによって栄養バランスが偏ることは回避しなければなりません。そのためサラダなど別の食品をあわせて食べる人も多いのですが、グラノーラなら単品で多くの栄養分を摂取できるのです。

加工における工夫

手軽に栄養補給ができる軽食として、グラノーラの人気は高まっています。しかも主原料のオーツ麦には食物繊維が豊富に含まれているので、グラノーラは便秘解消やダイエットにも役立つ軽食としても注目されています。そのためグラノーラは現在では、もともとのフレーク状のものだけでなく、それを一口大に練り固めたものや、スティック状にしたものなども販売されるようになっています。さらに、粉末状になるまで粉砕してあり、牛乳などで溶かして飲むことのできる、ドリンクタイプのものも販売されています。このように、注目度の高まりから、グラノーラにおける加工の工夫は、積極的におこなわれているのです。そのことがさらにグラノーラの人気を高めていくと予想されています。